ショパンの前奏曲

ショパン・マリアージュ(釧路市の結婚相談所)

お気軽にご連絡下さい!

TEL.0154-64-7018

営業時間:土曜日、日曜日、祝祭日の9:00〜18:00

FAX.0154-64-7018

お問い合わせメール:mi3tu2hi1ro6@gmail.com

釧路市浦見8丁目2−16

 バロック時代、プレリュード、ラテン語で前奏、序奏は、フーガのような、より規模の大きい、複雑な主要作品への導入として、多くの場合、動的でフィギュレーションを多用する、短い曲を意味していた。その最も有名な例が、J・S・バッハの2巻の「平均律クラヴィーア曲集」に収められた前奏曲とフーガである。バッハに傾倒していたショパンはこの名前を取って、ジョルジュ・サンドと知り合った直後に書き始め、マヨルカで書き上げた(1839年)自分の連作につけた結果「24の前奏曲 作品28」は誕生したのである。この連作は当然ながらバッハに捧げる歌ではあるが、それはあくまで象徴的な意味に於いてであって、実際にはこの前奏曲集は、様式、音響、表現いずれをとってもバッハの範例やバロック時代とは何の関係もない、まったく新しい、オリジナルな音楽であった。もっともバッハの名作「平均律クラヴィーア曲集」との関係でいえば、長短合わせて24の調すべてで作品を書き、一定の規則に基づき配列するというコンセプトは共通のものである。ただし、バッハが半音階的順序で、つまりハ長調、ハ短調、嬰ハ長調、嬰ハ短調、ニ長調、ニ短調といった順序で曲を並べたのに対し、ショパンはいわゆる5度圏の順序に従って、始めは嬰記号♯の数がだんだん増え、6つ付いた嬰ヘ長調まで到達すると、今度は変記号♭6個の変ホ短調から下がって♭1個のヘ長調及びニ短調へ到達するという配列にした。「24の前奏曲」はしたがって綿密に計画された配列と全体的構成を持つ連作であるには違いないが、それぞれの曲ひとつ一つの独立性もまた高く、非常に大きな多様性をを内包した曲集でもある。ロマン派音楽全体を見渡してみても、内部にこれほど多様な方向性を持つ連作を探し出すことは難しい。


 感情の凝縮された短いアラベスクの第1番「前奏曲 ハ長調」、糸繰り車のように素早く走る、朗らかな第3番「前奏曲 ト長調」、あるいは印象派的な第23番「前奏曲 ヘ長調」。重々しい和音が前面に出た葬送曲風の第20番「前奏曲 ハ短調」、悲しみに満ちた半音階的な第4番「前奏曲 ホ短調」、そして同時代人にとってはあまりに異常、衝撃的で、「ショパン作品の演奏について」の著者ヤン・クレチンスキをして「奇異な作品。演奏せぬこと」と書かしめた第2番「前奏曲 イ短調」。古いポーランド民謡「おお、フミェル、フミェル」のモチーフを引用しているが、旋律的には乏しいこの第2番の前奏曲は、伴奏に当時の常識をはるかに超える強い不協和音を導入し、そのうえ調性も不透明で、表情は重く、痛々しい。


 これに対してごく短い、無垢な少女の魅力をたたえたマズルカ風の歌「前奏曲 イ長調 7番」、叙情的な緊迫感が美しく、ワーグナーを予感させる複雑な半音階和声も聞かれる第8番「前奏曲 嬰ヘ短調」、移りゆくはかない詩想をとらえた小品第10番「前奏曲 嬰ハ短調」、突然の即興のような、激しい第18番「前奏曲 ヘ短調」。あるいはまた、独立した部分を内部に持ち、構築度の高い、おそらく最も世に知られた第15番「前奏曲 変ニ長調」雨だれ、同じく、より高度に構成された、緊張に富む第12番「前奏曲 嬰ト短調」、第16番「前奏曲 変ロ短調」そしてしばしば「練習曲 ハ短調」と比較される劇的な最終曲「前奏曲 ヘ短調」。


 ショパンはこの「24の前奏曲 作品28」の他にも1841年、シュレザンジェの依頼で独立した「前奏曲 嬰ハ短調 作品41」を書いている。















ショパン・マリアージュ(北海道釧路市の結婚相談所)/ 全国結婚相談事業者連盟 正規加盟店 / cherry-piano.com

恋の戦は白馬に乗って素敵な出会いを探しに行こう♡ ショパン・マリアージュは一人ひとりの希望や要望に基づいて最適なパートナーを見つけるサポートをします。貴方が求める条件や相手に対する期待を明確化し、その条件に基づいたマッチングを行います。また信頼出来る情報や適切なアドバイスを得ることができ、健全なパートナーシップの形成に向けてのサポートを受けることができます。