シューマンの入院中に始まった禁断の愛

ショパン・マリアージュ(釧路市の結婚相談所)

お気軽にご連絡下さい!

TEL.0154-64-7018

営業時間:土曜日、日曜日、祝祭日の9:00〜18:00

FAX.0154-64-7018

お問い合わせメール:mi3tu2hi1ro6@gmail.com

釧路市浦見8丁目2−16

 ブラームスとクララは見ようによっては、シューマンとクララ以上に、甘く切ない気持ちにさせられる2人である。シューマンとクララも十分に劇的でロマンチックではあるが、ちゃんと結婚して子供もいる夫婦であった。しかしブラームスとクララは、少なくても表向きは恩師の妻とその弟子の関係である。しかもクララは世界的な名ピアニストにしてブラームスの14歳年上の女性である。ブラームスは次世代を担う作曲家にして独身の男性だ。後世の人間があれこれと想像を膨らませてしまうのも無理はないほどドキドキさせられてしまう組み合わせである。
 ブラームスとクララが出会ったのは1853年。まだ無名だった20歳のブラームスがシューマン宅を訪ねた時であった。ブラームスの才能に驚愕し、彼に入れ込んだのはクララも同じであった。そのような二人の仲が急接近したのは1854年、シューマンが投身自殺を図りエンデニヒの精神病院に入ってからである。知らせを聞いたブラームスはすぐさまクララのもとに駆けつけ、家計簿の管理から子供の世話、家事まで手伝って家族のごとくクララを支えた。しかもそれはほんの一時ではなく、1856年にシューマンが亡くなるまでのおよそ2年間に渡って続いている。
 ブラームスがすぐにクララに魅せられたのは明らかで、1854年6月に友人に宛てた手紙で「自分の腕を彼女の肩に廻すことも、厳しく自制しなければならないことがたびたびある」と記載されている。その手紙の続きにも、あるいはその後にブラームスがクララに宛てた手紙を読んでも、ブラームスがクララを愛していたいた事は100%間違いない。彼は時には「愛するクララ。あなたをこよなく愛しています」と書いている。
 クララがそのようなブラームスに対して書かかれた1858年以前の手紙は破棄されてしまっているが、それ以降の彼女の手紙や、クララの子供たちや友人の証言などから考察しても、クララもブラームスを愛していた事は間違いない。周りの人々も二人の関係には気づいており、はじめの頃は、もちろん非難の声もあった。夫が精神病院に入院中の有名ピアニストと、14歳年下の夫の師弟との組み合わせに周りがあれこれ言うのも仕方がない。
 入院中のシューマンも、ブラームスやクララからの手紙や、訪ねてくる友人の話などで二人の関係に気づいていたと言われている。最愛の妻が若く才能あふれるブラームスに奪われていくと感じた事が、シューマンの精神状態を悪化させたという説もある。

 シューマンが1856年7月に亡くなると、その後クララは二人の息子を連れ、スイスで夏の休暇に入ることとなっていた。その際、彼女はブラームスと彼の妹を誘い、彼らはおよそ1ヶ月に渡って一緒に過ごしている。その時に二人の間でどんな話が交わされたのかはまったく記録が残っていないが、おそらく、この先どうするかという話をしたのだろう。そして出された答えは別れであった。
 ブラームスは、シューマンが生きている限り、どんなにクララを愛していても彼女と一線を超えることはあり得ないと思っていたようだ。しかしシューマンが亡くなってしまい、クララへの想いを押し留めるものは何もなくなった。クララとブラームスの仲はすでに周りから怪しまれている。もしもこのまま二人が一緒になってしまったら、クララという完璧な女性に、自分の存在が原因で傷をつけることになりかねない。もともと真面目で純朴だったブラームスはそのように考えて、クララとの別れを決意したのではないだろうか。シューマンの死後、彼はクララと距離をとるようになっている。
 ブラームスがアガーテに恋をし、婚約から婚約破棄に至ったのは、その2年後、1858年の頃のことであった。しかし、一つの恋が終わると、ブラームスはまたクララのもとへ戻っていく。彼は再び頻繁にクララの家庭に出入りするようになり、子供たちとも親しく接した。その後もブラームスは他の女性に恋することが何度かあったが、その度にクララは寂しい気持ちになりながらも、それを口にすることはできず、ブラームスの方でもクララ以外の女性とは最後のところで親しくなりきれず、やがてクララのもとへ戻っていくことの繰り返しであった。

 

ショパン・マリアージュ(北海道釧路市の結婚相談所)/ 全国結婚相談事業者連盟 正規加盟店 / cherry-piano.com

恋の戦は白馬に乗って素敵な出会いを探しに行こう♡ ショパン・マリアージュは一人ひとりの希望や要望に基づいて最適なパートナーを見つけるサポートをします。貴方が求める条件や相手に対する期待を明確化し、その条件に基づいたマッチングを行います。また信頼出来る情報や適切なアドバイスを得ることができ、健全なパートナーシップの形成に向けてのサポートを受けることができます。