日本の婚活の歴史

ショパン・マリアージュ(釧路市の結婚相談所)

お気軽にご連絡下さい!

TEL.0154-64-7018

営業時間:土曜日、日曜日、祝祭日の9:00〜18:00

FAX.0154-64-7018

お問い合わせメール:mi3tu2hi1ro6@gmail.com

釧路市浦見8丁目2−16

 結婚相談所は、日本における伝統的な婚活の一環として位置づけられてきました。その歴史は古く、江戸時代には仲人制度が存在しました。仲人は、家同士の縁組みを取り持ち、結婚の斡旋を行っていました。この制度は、家族や地域社会のつながりによって結ばれる結婚を支える重要な役割を果たしていました。


 明治時代以降、近代化の波とともに結婚の形態や価値観が変化しました。結婚相談所もその変化に対応し、商業化されていきました。昭和時代に入ると、都市化や個人主義の拡大に伴い、結婚相手を自ら見つけることが求められるようになりました。


 戦後、経済成長と共に核家族化が進み、結婚相談所の需要が高まりました。1960年代から1970年代にかけて、結婚相談所が急速に増加し、結婚相手を見つける手段の一つとして一般化していきました。この時期には、結婚相談所のサービスや料金体系も整備され、様々な層の人々が利用するようになりました。


 しかし、バブル経済崩壊後や21世紀に入ると、結婚相談所の需要は一時的に低下しました。若者の結婚適齢期の延長や、結婚を後回しにする傾向が顕著になり、インターネットやSNSの普及も婚活の方法を多様化させました。これにより、結婚相談所もオンラインでのサービス提供やマッチングアプリの台頭など、新たな形態での展開を模索するようになりました。


 現在は、結婚相談所も多様なニーズに対応するため、カウンセリングや個別マッチング、趣味やライフスタイルに基づいたマッチングなど、さまざまなサービスを展開しています。また、結婚相談所が持つアドバンテージとしては、プロのアドバイザーがサポートし、マッチングの精度や安全性を高めることができる点が挙げられます。


 このように、日本における結婚相談所は長い歴史の中で変遷し、時代の変化や社会のニーズに合わせて進化してきました。結婚相談所は依然として多くの人々に利用される一方で、オンラインプラットフォームの台頭や個々の婚活スタイルの多様化など、新たな課題にも柔軟に対応しながら今後も進化し続けることが求められています。

ショパン・マリアージュ(北海道釧路市の結婚相談所)/ 全国結婚相談事業者連盟 正規加盟店 / cherry-piano.com

恋の戦は白馬に乗って素敵な出会いを探しに行こう♡ ショパン・マリアージュは一人ひとりの希望や要望に基づいて最適なパートナーを見つけるサポートをします。貴方が求める条件や相手に対する期待を明確化し、その条件に基づいたマッチングを行います。また信頼出来る情報や適切なアドバイスを得ることができ、健全なパートナーシップの形成に向けてのサポートを受けることができます。