ショパンの幻想即興曲

ショパン・マリアージュ(釧路市の結婚相談所)

お気軽にご連絡下さい!

TEL.0154-64-7018

営業時間:土曜日、日曜日、祝祭日の9:00〜18:00

FAX.0154-64-7018

お問い合わせメール:mi3tu2hi1ro6@gmail.com

釧路市浦見8丁目2−16

 ショパンは死の時が近づいた頃、病床に付き添っていた親しい人たちにいくつかの遺言を残した。自らの葬儀ではモーツアルトの「レクイエム」を演奏して欲しいということ、死後は、心臓を祖国ポーランドへ持ち帰って欲しいということ、そして下書きのままで出版されていない楽譜は、全て焼き捨てて欲しいということ。完璧な状態でない作品が世に出回ることを嫌ったショパンの美意識が言わせた言葉だろう。


 しかしその遺言を破る形で作曲家の死後に出版され、今や、ショパンの全作品の中でも最も親しまれる曲の一つとなったのが「幻想即興曲」だ。


 この出版を進めたのは、ショパンの幼馴染であり、生前からショパンの楽譜の清書や出版社との交渉を任される法律家で作曲家であった、ユリアン・フォンタナ。ショパンの没後に楽譜ばさみの中から発見されたこの作品を、1855年出版の遺作集の1曲目として収録した。ショパン亡き後、世間に無許可の楽譜が出回っていることを懸念したフォンタナは、逆に正式な遺作集を出版することで、ショパンの遺志を守ろうとしたのだった。


 本作は、ショパンが書いた4つの即興曲のうち、最初に書かれていたもの。作曲年は1834〜35年、パリのサロンでの人気も高まり、名声を確かにするようになっていた頃のこと。もとは単に即興曲と名付けられており、「幻想即興曲」というタイトルは、出版時にフォンタナが付けた。パデレフスキ版の全集では、即興曲第4番とされている。


 生前に出版されなかった理由は、ショパンが自身でこの曲をモシェレスの即興曲と似ていると気づいたためだとか、出来栄えに満足していなかったためなど、いくつかの説があり、定かではない。


 現在、一般に演奏されることが多いのは、このフォンタナ版のものだが、その自筆譜は長らく見つかっていなかった。しかし1962年、アルトゥール・ルービンシュタインが、ショパンの弟子だったエステ公爵夫人に献呈された1835年の自筆譜を発見。これには、34年作曲とされるフォンタナ版とは異なる点も多い。


 楽曲は、3部形式。ショパンの他の即興曲と同様、自然発生的な自由さと叙情性を持っていながら、見事に整った構成で音楽が展開する。


 低音のオクターブで始まるドラマチックな序章に続く主部は、1泊に左手が6音、右手が8音を奏するポリリズムで書かれ、華やかながら、どこか焦燥感のにじむ音楽を作り出す。


 モデラート・カンタービレで書かれた中間部は、主部と同様の音形の左手の上で、ロマンティックで幻想的なメロディーがゆったりと歌われる。再び主部の劇的な音楽が戻ったのち、コーダでは、中間部の甘美なメロディーが低音で回想され、深く意味ありげな余韻を残して曲が閉じられる。













ショパン・マリアージュ(北海道釧路市の結婚相談所)/ 全国結婚相談事業者連盟 正規加盟店 / cherry-piano.com

恋の戦は白馬に乗って素敵な出会いを探しに行こう♡ ショパン・マリアージュは一人ひとりの希望や要望に基づいて最適なパートナーを見つけるサポートをします。貴方が求める条件や相手に対する期待を明確化し、その条件に基づいたマッチングを行います。また信頼出来る情報や適切なアドバイスを得ることができ、健全なパートナーシップの形成に向けてのサポートを受けることができます。