内気でメランコリックなバレエ王 ピョートル・チャイコフスキー

ショパン・マリアージュ(釧路市の結婚相談所)

お気軽にご連絡下さい!

TEL.0154-64-7018

営業時間:土曜日、日曜日、祝祭日の9:00〜18:00

FAX.0154-64-7018

お問い合わせメール:mi3tu2hi1ro6@gmail.com

釧路市浦見8丁目2−16

 ロシアの作曲家。旋律美とロマンチシズム豊かな感情表現を特徴とし、同時代のロシアの作曲家たちの中でも、ひときわ古典的・西欧的作風を持つ。オペラ、バレエ、交響曲や協奏曲に傑作が多く、誰でも一度は耳にしたことのある名曲揃いである。


<不幸な私生活と同性愛の噂>


 30代から40代に渡ってチャイコフスキーは次々と傑作を発表した。バレエ「白鳥の湖」「眠りの森の美女」、オペラ「エフゲニー・オネーギン」、交響曲第2番、第4番、ピアノ協奏曲第1番、ヴァイオリン協奏曲などなどである。広く巨匠と認められ、ナデジダ・フォン・メック夫人(未亡人だった)というまたとないパトロンにも恵まれて、1877年から年間6000ルーヴルの年金を保障され、これが14年間続いた。何ひとつ不自由のない日々を過ごす事が出来た。


 しかしチャイコフスキーは幸福だったのだろうか。
 少なくとも結婚生活は見事なまでに破綻していた。77年に結婚したアントニーナ・ミリュコーヴァはモスクワ音楽院の卒業生だった。熱烈なラブレターを貰ったのがきっかけだったが、当時、作曲していたオペラ「オネーギン」のヒロインであるタチアーナとアントニーナが重なってしまい、結婚に至ったという。作品中にタチアーナがラブレターを書くシーンがある。


 チャイコフスキーは精神的に不安定な人物だったが、妻も似たようなものだった。心の支えをチャイコフスキーはメック夫人に求めるようになるが、驚いたことに多額の年金を約束してくれた夫人とは、手紙を交わすだけでついに1度も合わないままの完璧なプラトニック・ラブだった。


 女性が苦手だったと言われるが、そんなことから死因にまつわる怪しい噂も生まれた。有力な貴族の弟子に言い寄ったため、同性愛のスキャンダルを恐れた周囲が無理やりヒ素を飲ませたのだとか、自らヒ素をあおったなどというものだ。あまりに急に世を去ったための説だが、現在では死因はチフスというのが定説になっている。


<チャイコフスキーと5人組>


 チャイコフスキーが生きた19世紀後半という時代は、ロマン派が成熟してその特徴のひとつであるナショナリズムを意識するようになった頃でもある。民族固有の音楽語法や題材に目が向けられるようになり、民謡や民話を取り入れた作品も多い。


 チャイコフスキーと同時代の「力強い仲間(5人組)」は、真のロシアの民族主義的な音楽の確立を目指し、チャイコフスキーもその影響を受けている。「5人組」は他に職業を持ち、アマチュア的であった点など、早くからプロの音楽家を目標としたチャイコフスキーとは対照的である。


 例えばオペラで、「5人組」のひとりであるムソルグスキーはロシア語と音楽を一体化して考え、それが独特の朗唱的表現となったのだが、チャイコフスキーにはそうしたこだわりは希薄であった。古典的・西欧的といわれる所以であり、時に通俗的とすら言われる作風ではあるが、耳になじみやすい旋律の数々や、絶望と歓喜の間で振幅が大きな感情表現など、長く愛されてきただけの魅力をチャイコフスキーの音楽は備えている。















ショパン・マリアージュ(北海道釧路市の結婚相談所)/ 全国結婚相談事業者連盟 正規加盟店 / cherry-piano.com

恋の戦は白馬に乗って素敵な出会いを探しに行こう♡ ショパン・マリアージュは一人ひとりの希望や要望に基づいて最適なパートナーを見つけるサポートをします。貴方が求める条件や相手に対する期待を明確化し、その条件に基づいたマッチングを行います。また信頼出来る情報や適切なアドバイスを得ることができ、健全なパートナーシップの形成に向けてのサポートを受けることができます。