♡世界の恋愛と告白の事情♡

ショパン・マリアージュ(釧路市の結婚相談所)
お気軽にご連絡下さい!
TEL.0154-64-7018
営業時間:土曜日、日曜日、祝祭日の9:00〜18:00
FAX.0154-64-7018
お問い合わせメール:mi3tu2hi1ro6@gmail.com
釧路市浦見8丁目2−16
URL https://www.cherry-piano.com

 

告白できない男性たちよ、決して自分を卑下するなかれ。
 国際恋愛や国際結婚にも詳しい、中央大学教授・山田氏によると、実は「告白してから交際する」という文化や概念は、欧米にはほとんどないというのだ。


 「西洋の多くは、ちょっといいなと思ったらまずデートや食事に誘い、アイコンタクトやボディランゲージから恋愛に発展する。その前提として、誰か一人に絞って告白するのではなく、複数の異性と並行して付き合う、という文化がある」


 目からウロコだ。


 これまで、少なくともここ数十年間の日本では、「告白するのが当たり前」との概念が主流だったろう。もし告白抜きで異性と交際すれば、「いい加減」「遊び人」などと見られ、交際自体に「不真面目」の烙印を押される可能性もある。


 でも実は、告白から恋愛に至る流れは、欧米ではほとんどない。そうなると、若者たちが嫌う告白そのものをなくす、あるいは「告白ステージをクリアせずとも、恋愛あるいは結婚アイテムをゲットできる」ような新たな流れが生まれれば、彼らももう少しラクになれるのではないか。


 そこで、各国の恋愛と告白との関係性を、簡単に見てみよう。


 まずは、アメリカ。


 米国に行ったことがない日本人でも、高校や大学の卒業記念などに行われるフォーマルなダンスパーティ「プロム(プロムナード。舞踏会の略)」はご存知だろう。


 古くは、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」や「キャリー」、最近では「ハリー・ポッター」や青春ドラマ「ゴシップガール」「glee」などにも登場する。


 参加者は、原則として男女1対1のペア。「一緒に行こう」とパートナー候補を誘うのは、圧倒的に男性だ。これを事実上の「告白」と見る向きもある。


 プロムが近づくと、男性は正装用のタキシードやカマーバンドを新調し、女性はドレスやジュエリーを買ってヘアスタイルやネイルアートにも凝る。プレゼント用のブーケやカードが飛ぶように売れ、リムジンをチャーターする男性までいるほどだ。


 プロムのシーズン(多くは春)直前、ニューヨークでは、女性誌「セブンティーン」や「ティーン・ヴォーグ」が大々的にプロム特集が組まれる。セレブな専用ファッションや「どうすれば男の子に選ばれるか」といった駆け引きマニュアルは、日本の10代、20代向け女性誌となんら変わりない。

 
















ショパン・マリアージュ(北海道釧路市の結婚相談所)/ 全国結婚相談事業者連盟 正規加盟店 / cherry-piano.com

恋の戦は白馬に乗って素敵な出会いを探しに行こう♡ ショパン・マリアージュは一人ひとりの希望や要望に基づいて最適なパートナーを見つけるサポートをします。貴方が求める条件や相手に対する期待を明確化し、その条件に基づいたマッチングを行います。また信頼出来る情報や適切なアドバイスを得ることができ、健全なパートナーシップの形成に向けてのサポートを受けることができます。