恋愛のハードルを上げる告白文化

ショパン・マリアージュ(釧路市の結婚相談所)
お気軽にご連絡下さい!
TEL.0154-64-7018
営業時間:土曜日、日曜日、祝祭日の9:00〜18:00
FAX.0154-64-7018
お問い合わせメール:mi3tu2hi1ro6@gmail.com
釧路市浦見8丁目2−16
URL https://www.cherry-piano.com


 セフレは恋愛(メインディッシュ)とは違う、別腹。この点は欧米寄りだ。


 ならば日本の若者は、”異性の友だちやセフレ(別腹)”と、ステディな恋人(メインディッシュ)”の違いを、いったいどこで識別しているのか。


 ズバリ、それが「告白」である。


 「男女平等の、いまの20代にとっては、”告白”こそが恋愛の、大きな大きなはじめの一歩」と話すのは、「ゼクシィ」首都圏版の編集長、神本氏だ。


 いわく、昔は「異性と約束して二人で出掛ける」となった時点で、ある程度はお互い「いいな」と思っているに違いない、との意思表示になった。でも、いまの20代は違う。上の世代に比べ、恋愛の前段階が圧倒的に広義で長いという。


 まず男女平等で友達感覚だから、異性の友だちとも、普通に二人で食事や映画に行く。旅行に行って二人だけの部屋で寝ても何も起こらない、という「ソフレ(添い寝フレンド)」まで居たりもする。途中、仮にどちらかが「恋人気分」になっても、基本は割り勘。一般には、男性が彼女のために頑張ってバイトで稼ぎ、高価なプレゼントを贈る、なんてこともしないから、女性にも「これって付き合ってるって言うの?」が極めて分かりにくい。


 となれば、やはり告白は必須事項。単なる友達付き合いではなくステディな「恋愛」というアイテムを手に入れるために、クリアしなければならないステージである。


 だが当然ながら、告白にはリスクがある。


 コミュニティ内での告白なら、「アイツ、空気読めねぇな」「周りのことも考えろよ」と見られたり、関係がこじれるかもしれない。通勤電車でいつも遠くからジッと眺めていた女性に告白すれば、「あの人ストーカーじゃない?」と怖がられる恐れもある。


 何より最大のリスクは、「振られる」こと。リクルートMPの「恋愛観調査」(14年)でも、「振られるリスクを思うと、告白したいとは思わない(友達のままでもよい)」と答えた20代は、男性で32%と3人に1人。女性はさらに多く、49%と2人に1人だ。


 ちなみに告白を避ける割合は、現40代(未婚)では男性26%、女性38%と、20代よりいずれも低い。


 また、高校生・大学生と20代の社会人男女に聞いた別の調査でも、「気になる人(好きな人)ができても、すぐには告白できない」男性が8割。その理由に「振られたくないから」をあげた男性は29%(第3位)だが、1位、2位の「自分に自信がない」(70%)と「相手の気持ちが分からない」(63%)も、いわば「振られたくない(から告白しない)」とほぼ同義であることは、一目瞭然だ(11年/ユニリーバ・ジャパン)。


 覚悟を決めて「いざ告白!」となっても、そのセリフは驚くほど曖昧だ。


 彼氏と交際することになったきっかけが、「じゃ交際交渉成立ってことで」も、恋愛クールの代表だが、
「LINEで ”暇だから、とりあえず付き合っとく?” と聞かれた」や、
「うちら付き合ってるらしいよ、そうなの?」
「 ”俺は別に付き合ってもいいけど(ゴニョゴニョ)、そっちで決めて” と丸投げ」
「デートのお金出してくれるんなら、交際もアリだと思うけどね」
 など、「おいおい」とツッコミたくなるセリフが次々飛び出した。いずれも、曖昧な表現や彼女に丸投げすることで、振られるリスクを回避したいのだろう。


 バブル期のように、「100回プロポーズしてフラれても、101回目で「うん」と言わせれば儲けもの」と感じられる時代なら、まだいい。さらにその少し前、女性に一生働ける職場がほとんどなかった60〜70年代なら、ある程度お金にものを言わせて「俺について来い!」と偉そうなことも言えたろう。


 ところが、現代はそうではない。


 男女平等が当たり前の時代だから、女性も堂々と「イヤなものはイヤ」と拒否権を発動する。下手に告白すれば、セクハラやストーカーに間違われるかもしれない。あるいは、「今日、超ヤなヤツに告られた」「うっそー、キモ〜い」と、SNSで袋叩きに遭うかもしれない・・・。


 だったら、あえて告白せず「友達のまま」でいよう、そう考えたくもなる。


 他方、今回の取材で「セフレがいる」と話した女性たちのなかには、「もし彼(男友達)が告白してくれたら、付き合ってたかも」と漏らす女性が何人かいた。セフレ持ちの女性が目立ってきた背後には、やはり「告白できない男」の存在もありそうだ。
















ショパン・マリアージュ(北海道釧路市の結婚相談所)/ 全国結婚相談事業者連盟 正規加盟店 / cherry-piano.com

恋の戦は白馬に乗って素敵な出会いを探しに行こう♡ ショパン・マリアージュは一人ひとりの希望や要望に基づいて最適なパートナーを見つけるサポートをします。貴方が求める条件や相手に対する期待を明確化し、その条件に基づいたマッチングを行います。また信頼出来る情報や適切なアドバイスを得ることができ、健全なパートナーシップの形成に向けてのサポートを受けることができます。